本染めとは

本染めとは、下絵「型作り−のり置き−はけ染め−乾燥−水洗い−乾燥−仕立て(縫製)」の作業工程からなる繊細かつ本格的な印染め(しるしぞめ)をいいます。本染めの仕上がりの良さは、なんといっても生地の表面も裏面も同じ色で透色され、当工場の最も得意とする仕事の一つです。

下絵

ご注文主の下絵(文字や絵柄など)を描く、経験豊富な職人しか出来ない職人仕事のひとつです。

このページの先頭へ

のり置き

円錐型の筒の先に口金をはめた筒紙に防染のりを入れ、それを手で握り、絞り出しながら筒を動かし、のりで下絵にそって模様を描きます。職人の腕と技が要求される「手糊引き染め」の重要な仕事です。

このページの先頭へ

はけ染め

のり置きののりが乾燥したあとの工程が、はけ染めです。

しわの出ないように布を均一にぴんと張り、その布に染料溶液を含ませた刷毛(はけ)で色鮮やかにむらなく染めてゆきます。これも職人の腕が要求されるだいじな手仕事です。

このページの先頭へ

水洗い

はけ染めを終え、乾燥した布を水に浸し、のり置きされたのりを洗い取り除く工程が水洗いです。

下絵→のり置き→はけ染め→乾燥→水洗い、とそれぞれの職人が施した技の冴えがこの瞬間に開花します。

幸いにも旭川の水は全国的に極めて良質です。このため当社の染め製品がよりいっそう鮮やかな色に仕上がるのも、このためです。

このページの先頭へ

型づくり

染めようとする文字や絵柄を型紙に彫刻等で形をとるのが型づくりです。

印染(本染め)は、製品によって異なり下絵を基にした「手糊引き染め」と、この型を基に染める「型糊引き染め」に二分されます。

本染めとは、布地(製品)の表裏をむらなく染めることであり、当工場の最も得意とする職人仕事です。

このページの先頭へ

縫製

染め製品のすべての最終作業が縫製です。

製品の一点一点を検品しながら最新式の工業用ミシンを使い、丁寧に念を入れ仕上げます。

仕立ての良さも当工場の自慢です。

このページの先頭へ

Copyright (C) KONDO Co.,Ltd. All Rights Reserved.

株式会社 近藤染工場
〒070-0031 北海道旭川市1条通3丁目右1号
TEL 0166-22-2255 FAX 0166-24-5406